Menu Content/Inhalt
古くなったプロテインパウダーを使っても大丈夫? PDF プリント メール
ImageQ
賞味期限を過ぎたプロテインパウダーを使っても問題はないのでしょうか?
A
ホエイなど牛乳を原料としたプロテインの場合、密封されていれば賞味期限の日付けが過ぎてもたんぱく質についてはラベル表示どおりの効果は得られる。1年程度過ぎていても問題はないだろう。ただし、ビタミン類や香料は酸化されるので、賞味期限後は効力は失われる(一般的にビタミン類については、製造時はラベル表示以上の量が含まれていて、賞味期限までその表示レベルの効果が保たれるようになっている)。
一方、香料はビタミンのようには多く添加されていないので、時間の経過とともに減少していく。その結果、たとえばココア味のプロテインパウダーの風味が失われ、粉っぽい味になったりする。酸化されたビタミン、香料を摂っても健康上の問題はないが、効果や味に影響が出るということだ。
低炭水化物タイプのプロテインの場合、胃腸への負担の緩和や、エネルギーレベルを高く保つことを目的として、脂質を加えているものも多い。またウェイトゲインタイプの製品には、エネルギー量を増やすために脂質が加えられている。こうした製品の場合、時間の経過にともない脂質が酸化して、賞味期限頃には酸化がかなり進んだ状態になる。脂質が酸化すると、味が変わってしまうし、製品の効果にも影響があると言える。脂質を多く含むプロテインの場合、賞味期限を過ぎたものはできるだけ使わないほうがいいだろう。
また、賞味期限にかかわらず、湿気にさらされていたものには注意が必要だ。湿度が高いと微生物が繁殖し、健康に有害な影響を招くおそれがある。何カ月も湿気にさらされていたようなものは捨てるようにしよう。

ジム・ストッパーニ Jim Stoppani, PhD

[『マッスル・アンド・フィットネス日本版』2006年11月号にて掲載]


Xfitサプリメントストア